密教瞑想法 3日間集中講義

高野山大学のロビーに鎮座されている弘法大師像です。玄関から教室につながる階段に行こうとすると、必ず目に入る位置にあるので、自然と一礼してから、階段を登ることになります

今回の高野山訪問では、大学院通信課程のスクーリング授業として、3日間缶詰め状態になり、密教瞑想法なる講義に出席しました。

在家でもできる瞑想法として、阿息観、月輪観、阿字観の講義を受けたのですが、大変充実した座学と実技でした!! 内容が濃いので、3日間だけでは、とても消化しきれなかった、というのが正直なところです。

以前に金剛峯寺の阿字観体験をやったことがありますが、印象ががらりと変わりました。阿字観は密教瞑想法の入門かと思っていましたが、入門であると同時にゴールに至る修行法でもあるのですねー。

実際、真言密教の教学を中興したと言われる覚鑁上人は、虚空蔵菩薩求聞持法と阿字観瞑想を徹底的に修したそうです。

阿字観は、シンプルだけど、すべてを包み込む深みがある、いかにも密教らしい瞑想法だということが、よーくわかりました!!

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »