タグ: 遍路ころがし

小雨パラつく藤井寺 歩き遍路を再開

小雨が降る第11番札所・藤井寺はとても静かでした。本堂に向かってひとりお次第を唱えていると、かぶっている竹笠に雨粒がぶつかる音がパラパラと響いて、とても落ち着いた気分になりました。焼山寺から室戸岬目指す区切り打ちをスタートします。

マントラが響いた那賀川の雄渾

弘法大師空海が「谷響きを惜しまず」と表現した神秘体験の舞台は、第21番札所・太龍寺の麓を流れる那賀川流域だったはずです。台風一過の青空の下、水量の増した那賀川はうねるように流れていました。

沙門空海偲ぶ深山の遍路道

石鎚山に連なる山中にある横峰寺は四国八十八ヶ所の難所の一つ。急登であってもところどころに清冽な沢水が流れ、名声を得てからもひとりの沙門を名乗った空海の足跡を偲ぶ遍路道です

神仏習合の歴史ある霊場

小雨に濡れながら山道をたどり、神峯寺にお参りしました。古来、天照大御神と十一面観音を大切にしてきた神仏合祀の霊場です。これも日本人の宗教感覚になじむ気がします。

台風一過の山寺をたどる

鶴林寺と太龍寺という2つの山寺は若き日の空海が修行した場所として有名です。抜けるような青空、ちぢれ雲、緑の深い山々、水量豊かな川ー。山の遍路道を歩く楽しさを味わいました

古道を伝える焼山寺道

藤井寺から焼山寺を結ぶ山岳ルートは「遍路ころがし」の代表格。アップダウンの連続がけっこう厳しいけれど、長い時間をかけて踏みしめられてきた古道の面影を味わえます