お遍路オンライン ブログ

カメラが戻ってきた話

今回の忘れ物はショックでした。高知市内のホテルでチェックアウトしようとしたら、愛用の「カメラがない!」。思わず、血の気がひきました。前日の夕方に乗ったとさでん交通に電話したところ、「白いカメラでしょ。事務所にありますよ」。とっても温かい対応でした。遍路旅って、本当にいろいろなものをいただきます。

高知市を目指すワンデイ歩き遍路

第28番札所・大日寺から歩き始めると、夕暮れには高知市内に着くことができます。途中、第29番札所・国分寺では奈良時代の面影をしのびつつ。逢坂峠を越えて高知市内に入ると、まもなく第30番善楽寺です。前日の真っ青な海が広がる遍路道は一変し、高知平野の田園風景をたどるワンデイコースです。

南国高知 厳かな冬の海

遍路道の朝、暗いうちから海沿いの道を歩いているとだんだん周囲が明るくなり、南国高知の海がゆっくりと姿を現しました。独特の厳かな雰囲気を持つ冬の海を眺めながら、歩き遍路を堪能しました。

神峯寺に続く「まったて」

第27番札所・神峯寺に続く遍路道は標高差450mを直登することから「まったて」と呼ばれてきました。十一面観音菩薩の霊験を求める人々は険路を厭わず参拝したのです。霊験譚はいまも四国のあちこちに生きているように思えます。

秋の気配広がる成田山新勝寺

千葉県民にとって身近な「お不動さま」といえば、成田山新勝寺です。いつも賑やかなお寺ですが、光明堂では不動明王−大日如来ー愛染明王の三尊が手を伸ばせば届きそうな距離で対面できます。見上げると空いっぱいにひつじぐもが浮かんでいました。

暮れゆく久米寺 若き空海の出会いを偲ぶ

飛鳥の久米寺には若き日の空海が『大日経』に出会った場所という伝承があります。空海にとって『大日経』の「自心を実のごとく知るなり」という言葉との出会いは決定的だったとみられ、自分の心を掘り下げながら悟りの道筋を見極めようとする姿勢は終生変わることがありませんでした。