歩き遍路が頼りにする地図

 四国八十八ヶ所霊場を歩いて巡礼するお遍路さんは、「歩き遍路」と呼ばれています。この歩き遍路をやってみようと思いつき、具体的な計画を立てようとすると、まず欲しくなるのが地図です。

 八十八ヶ所の札所となるお寺の場所は、四国八十八ヶ所霊場会の公式HPやいろいろなガイドブックが出版されていますし、道路地図やグーグルマップでもわかります。でも、歩き遍路にとって肝心の歩行ルートについては、インターネットで検索しても、あんまり情報がみつかりません。結局のところ、多くの歩き遍路は、へんろみち保存協力会が発行している「四国遍路ひとり歩き同行二人[地図編]」を使っています。特に、初めて歩き遍路に挑戦する方にとっては、必携品といえるでしょう。

 この「四国遍路ひとり歩き同行二人[地図編]」は大変な労作で、さまざまなルートと区間距離が緻密に書き込まれ、わかりにくい場所には拡大地図が添えられています。八十八ヶ所霊場だけでなく、別格二十霊場への歩行ルートも網羅されています。

 「四国遍路ひとり歩き同行二人[地図編]」は、へんろみち保存協力会のHPから購入できます。注文してから数日後にゆうメールで届きました。2016年12月現在、amazon などオンライン書店での取り扱いはないようです。

 へんろみち保存協力会 https://www.iyohenro.jp

 「四国遍路ひとり歩き同行二人」には、[地図編]のほかに、歩き遍路の基礎知識や作法、霊場の一覧がまとめられた[解説編]もあります。こちらは一度読んでみて参考になりましたが、少しでも荷物を軽くしたい歩き遍路にとっては、なくても困らないと思います。 

四国八十八ヶ所を一緒に回り、くちゃくちゃになってしまった「四国遍路ひとり歩き同行二人[地図編]」

⇒「慣れないと読み取りにくいところも」

Share
Translate »