善根宿のハプニング

 第12番札所・焼山寺での大休止を終え、1時間ほど降った集落にある本日の宿「すだち館」に向かって歩き始めました。途中、見晴らしがよい杖杉庵(じょうさんあん)で、衛門三郎の故事について説明板を読みました。それによると、衛門三郎は現在の松山市南部にいた商人で、ある日、貧しい身なりで一夜の宿を求めた弘法大師空海を邪険に扱ったところ、その報いで子供たちが次々亡くなり、商売も傾いたそうです。悔い改めた衛門三郎は弘法大師に許しを乞おうと四国八十八ヶ所霊場を何度も回ってたのに、会うことができない。一計を案じて逆打ちを試み、ついに空海と再びめぐりあって改心したことを告げたのが、いま杖杉庵のある場所だったということです。

  ちなみに衛門三郎ゆかりの霊場としては、道後温泉近くの第51番札所・石手寺が知られています。四国遍路のご利益を示すストーリーとして語り継がれてきたエピソードですが、弘法大師を粗末に扱ったひとが報いを受けたり、改心した衛門三郎が「来世は一国の国司に生まれたい」と弘法大師にお願いして息を引き取るといった展開は、霊場ごとに般若心経を唱えるお遍路さんの心ばえとしては、なんだか俗世の利益を強調しすぎている気がします。衛門三郎の物語が弘法大師の霊験を伝えるエピソードとして広まってきたところをみると、お遍路さんの歴史にはやっぱり現世利益を求めたところが大きかったのかもしれません。

 そんなことを考えながら坂道を下り、先を歩いていた白髪交じりの外国人お遍路さんを追い越そうとしたところ、「こんにちは」と陽気に話しかけられました。そのまま一緒に歩いていくと、この方は70歳になるオーストラリアの男性で、同じすだち館に泊まることが判明。しかも、四国遍路が4回目というベテランで、すだち館には以前にも泊まったことがあり、「オーナー夫妻がとてもいいひとだったから、きょうもお世話になることにしたんだ」と教えてくれました。

 すだち館は、名前の通りすだちを栽培する農家が始めた善根宿で、母屋の2階にある2室をひとり1泊2食付き4000円という格安価格でお遍路さんに提供しています。こうした善根宿は、四国各地にあって、旅館や民宿のようなサービスは受けられませんが、地元のひとたちといろいろ話しができるという面白さもあります。なにより善根宿を提供する根本部分には、お遍路さんを大切にしようという「お接待」の気持ちがありますから、最近増えている民泊とも似ているようで相当違います。四国独自の遍路文化が長い時間をかけて育んできた宿のかたちです。

⇒初対面のガイジンさんといきなり温泉

すだち館に朝がきた

Share

One thought on “善根宿のハプニング

  1. Pingback: 遍路の起点に決まりはない – お遍路オンライン

Translate »